タグ別アーカイブ: コラーゲン

コラーゲンを食べるとコラーゲンが作られる?

コラーゲンサプリが進化しています

コラーゲンサプリは進化してますコラーゲンサプリで人気の高いものは、長期的に飲み続けることで、医学的にも効果が認められている製品が多くなりました。医学的にも認められているのに、いまだに「効果が無い!」という方がいるのも事実です。惑わされないでください。ホントに効果はあります。良質なコラーゲンを食べることは、体内でコラーゲンを作ることにつながります。

コラーゲンについて知れば理由がわかります

何でもそうですが健康食品は医薬品で無い以上、少量を食べたからと言ってすぐに変化はしません。まずこの誤解を解いて正しく理解してください。効果が出るのは早い方で1ヶ月、長い方だと3ヶ月はかかります。

最初にコラーゲンサプリを食べると、体内に吸収されます。その際にコラーゲンはアミノ酸に分解されます。つまり吸収される段階ではコラーゲンは跡形もなく部品にまでバラバラにされているワケです。

体内ではコラーゲンばかりが作れられるワケじゃない

この部品が体内で再びコラーゲンに再合成されるなら、コラーゲンを食べることはコラーゲンを作ることと同じ意味になりますが、実際は他のタンパク質を合成するためにも使われてしまいます。コラーゲンを食べてもピンポイントでコラーゲンが増えることにはならないのです。じゃあ、なんでコラーゲンを食べるとコラーゲンを作ることになると自信を持って言えるのかというと、、、

コラーゲンにしか含まれていないプロリンとは

プロリン実はコラーゲンが体内に吸収されるときにバラバラになった部品の中には、体内でコラーゲンを作るためだけ使われるものがあるのです。それが「プロリン」というものです。コラーゲンの螺旋構造を作るのに必要な物質なんです。この「プロリン」は天然ではコラーゲン以外に含まれていません。だからコラーゲンを食べることはプロリンを補給する意味をもつのです。

常にコラーゲンを作れる状態に保つ

ということで、コラーゲンを食べることがコラーゲンを作ることになると言った意味は、体内でコラーゲンを作るために常にプロリンを安定して供給する状態を作っておくということです。プロリンが不足しないようにして、常にコラーゲンを作れる体制を整えておきます。そのために必要なのが手軽なサプリメントタイプの良質なコラーゲン製品というわけです。ちなみにプロリンはコラーゲンを構成するアミノ酸の10%を占めている物質です。

コラーゲン料理では意味が無い

よく医師が「コラーゲンを摂取しても効果がない」と言うのは、良質なコラーゲンサプリを指しているのではありません。コラーゲン料理を食べることで摂取することを指していっています。全く効果がない、ということはないでしょうが、コラーゲン料理から効果を得ようと思うと、かなりの量を食べ続けなければなりません。1回の夕飯にコラーゲンたっぷりの豚足を食べたと言っても有意な差はあらわれないという意味で、「コラーゲンを摂取しても効果がない」と言っているのです。

すっぽん小町を毎日飲む

毎日手軽に摂れるサプリメントタイプが一番実用的です。

だから、コラーゲンの美容効果を得ようと思うと、良質なコラーゲン製品を最低1ヶ間、毎日摂り続ける必要があるのです。毎日続けるためにも、サプリメントタイプは非常に有効です。

コラーゲンを作り出すために、常に体内に良質なプロリンを準備しておきませんか?
≫≫すっぽん小町