ワタシが選んだプラセンタはこれ|2018年現時点での最強プラセンタ

最強のプラセンタサプリ

たくさんのプラセンタを調べた中で、ワタシがたどり着いた結論はこれ。

まず、
健康食品=サプリメントは普段の生活で不足するものを補う意味合いが強いので、普段からきちんとバランスの取れた食生活、運動をしている方にとっては不要なもの!なんて正論がありますが、

サプリで弱点を補う

ここは重要なんですが、

人には嗜好があって、悪癖がある訳です。毎日、ドラマの主人公のような充実した規則正しい生活ができる訳ではありませんよね。ワタシも止めようと思っても夜遅くに甘いものを食べてしまったり飲みすぎたりしています。サプリの役目ってこういう生活の弱点を補うことだと思います。特に40代の女性にとっては迫り来る更年期のなんともいえない恐怖心があって、なんとかしたいという気持ちは常にあります。

プラセンタで補う美容

お墨付きですが、判断はお任せします

ワタシが調べ尽くして選んだプラセンタはこれです。もうかれこれ1年以上飲んでいますが、肌の調子は40にして絶好調です。季節の変わり目に起こる肌トラブルは感じませんし、毎日のスキンケア時間も大幅短縮(これって重要ですよね)しています。そして更年期症状もとても穏やかになっています。あんまりイライラしません。色々見ていますが、これ以上のものは現在無いと思います。

 

 

それは2018年の最強プラセンタ

母の滴プラセンタEX

最強のプラセンタ。パッケージがローズ色に変わりました。

母の滴プラセンタEXです。
メキシコ産馬プラセンタ原末使用(酵素分解+フリーズドライ製法)
1箱:60粒入り 4,860円 1回で2粒飲用
1粒にプラセンタ250mg配合(アミノ酸量236mg)
1回で2粒飲むので、摂取するプラセンタ原末量は500mgになります。
1本300円以上するプラセンタドリンクに比べてアミノ酸量、成長因子などの有効成分は多いくせに、価格は半額以下です。

メキシコ産という点が唯一の引っかかりポイントですが、調べるとメキシコってかなりしっかりした生産体制を持っています。農薬まみれの中国産とは異次元レベル。しっかりオーガニック思想があります。世界2位の馬肉生産国でもあります。日本の国産馬と比較してもプラセンタ原末のアミノ酸量はほぼ一緒です。ということは国産=優秀という思い込みだけ。だったらかなりお安いメキシコ産で何の問題も無いという結論になりました。

注意点です。

母の滴プラセンタEXの原末

1粒にたっぷり250mgの原末。直接なめると苦いです。

プラセンタサプリは食品なので賞味期限があります。スーパーで棚の奥から取っちゃう派のワタシとしては、
在庫がたまっていそうなネットショップではなく、メーカー公式サイトから鮮度の高い商品を手に入れて欲しいと思います。
公式サイト(最短9分で注文できます)≫≫母の滴プラセンタEX

 

最後に

当サイトをここまで読んでいただきありがとうございました。
ワタシと違う選択をしたとしても、もうあなたも正しい目でプラセンタを
選ぶことができると思います。

ライターMでは、よいプラセンタライフをお送りください。
presented by ライターM
色々悩んで、私が選んだのはこれです。